船橋市海神3丁目にお住まいのMさんから「建蔽率・容積率」について質問を頂きました。

公開日:

カテゴリー: Q&A | おすすめ | 売買物件  タグ:  | | | | | | | | |


千葉県の船橋市・市川市・習志野市・総武線の徒歩圏内(駅近)の不動産物件を中心に土地・新築一戸建て
 (デザイナーズ・コンセプト住宅)や中古戸建ての販売 売主・分譲・仲介をさせて頂いております。
 株式会社 ハウジングプロデュースの河野です。

Q:建蔽率、容積率について教えてください。

A:建蔽率(けんぺいりつ)とは、敷地の面積に対する建築面積の割合です。ちなみに、建築面積は、建物を
真上からみた水平投影面積のことです。例えば、敷地面積が100㎡建蔽率が50%と指定された敷地であれば、
建築面積は50㎡以内にしないといけません。また、容積率は、敷地に対する延べ床面積の割合です。延べ床面積
は、2階建てであれば、1階と2階の床面積の合計のことです。こちらも、100㎡の敷地で、容積率が100%の指定
ですと延べ床面積は100㎡以内にしなければなりません。
建蔽率、容積率とも、都市計画によってその限度が定められていますが、建蔽率においては、出幅が1m以内の
軒、庇、バルコニーなどが算入されないこと、容積率においては延床面積の3分の1までの地階や、延床面積の
5分の1までの車庫は不算入とすることができるなどの緩和規定がございます。

ちなみに、こちらの物件は、建蔽率40%容積率80%になります。⇒海神3丁目 土地
敷地が138.85㎡あるので、建蔽率が40%、容積率80%でも、建築面積は55.54㎡まで、延べ床面積は111.08㎡
までの建物のプランが可能ですね。