鎌倉散策&賃貸におけるエアコン(残置物)について

公開日:

カテゴリー: Q&A | おすすめ | グルメ | プライベートの事ですが・・・ | ランチ | 賃貸物件  タグ:  | | |


千葉県の船橋市・市川市・習志野市・総武線の徒歩圏内(駅近)の不動産物件を中心に土地・新築一戸建て
 (デザイナーズ・コンセプト住宅)や中古戸建ての販売・売主・分譲・仲介をさせて頂いております。
 株式会社 ハウジングプロデュースの河野です。

先日、久しぶりに鎌倉へ小旅行に行きました。鶴岡八幡宮~鳩サブレー本店~銭洗い神社~佐助稲荷神社~鎌倉の大仏様~とぐるっと歩きました。

いっぱい歩きましたが、その分いろいろ食べました。お昼のおひつごはんから始まり、ぶどう飴、ソフトクリーム、コロッケ等など、やはり食欲全快の秋となりました。


では、Q&Aに移ります。

Q:賃貸でお部屋を借りるときに、前の居住者がエアコンを残していましたが、壊れた場合、どうなりますか?

A:もともとエアコン付の物件ではなく、前の居住者が置いていったエアコン(残置物)は、貸主に修理する義務はなく、一般的には、借主の負担となります。
残置物があるときは、契約前に、不動産屋さんに相談し、入居前に取り外してもらえるか貸主に交渉してもらうことも出来ます。特に古いエアコンの場合、電気代もかかる上に故障のリスクも高いので、注意が必要です。取り付けたばっかりの新品の場合は、エアコンを自分で購入するよりかは安く済みそうなので、自己責任で使用するのもありですね。